Home moving service
  • 引越し業界のタイプ

    引越しは専業化した業者と兼業の2つのタイプがそれぞれ発展する

    現在の引越し業界は、2つの業者のタイプが存在します。1つが専門業者で、運送業としての許可を得ていますが、その主事業は引越し専門の事業者です。もう1つが運送業の中でも貨物取扱を主事業としており、普段は宅配便取り扱いや小規模な会社ならば傭車として他の会社の下請け運送を行っているところです。 どちらもそれぞれサービスに関して特徴があり、専門業者の場合は自社の車両を備えているので、スケジューリングも自由にでき、近距離から遠距離まで万全の体制でサービスを提供できます。 また兼業の引越しサービスでは、他の荷物と一緒に運べるため価格の安さなどが強みです。 どちらのタイプの業者もそれぞれ利用者を確保しており、今後もどちらのタイプの業者もそれぞれ発展を遂げていくと見られています。

    格安便を利用する時に気をつけたい事について

    普段運送業を主事業としている引越し業者でよく用意されているのが、格安便やお得便などと言われる、かなりリーズナブルな引越し料金を設定しているサービスです。一般的なプランよりも半額以下の価格になることもあるため、利用者藻多くいますが、利用時には注意したいこともあります。 格安便はその仕組みとして、同一方面の荷物を積むときに一緒に引越し荷物をトラックに積んで走らせるサービスです。そのため運送コストを抑えることで低価格を図っています。しかし荷物の優先順位は宅配便のため、状況が悪いといつまでも荷物が運ばれない、ということもあります。 ある程度の猶予が前提で安く荷物を運べるのが格安便のため、スケジュールを優先する場合は、通常の引越しサービスを業者に依頼をするなど使い分けが重要です。